5GとSEPベンチマーク
ビジネスウーマンがオフィスのワークステーションでコンピュータ画面上のプロジェクトを確認中

正確で最新の特許データによる信頼性の高い分析の実現

LexisNexis Intellectual Property Solutionsで、特許データに関する品質の課題を解決できます。

特許データの品質課題

特許データは一般に公開されており、世界中の特許庁から入手可能ですが、生データの品質は不十分な場合が多くあります。

検索アイコン

不完全な保有情報

特許は必ずしも、特許の最終権利者が記載されているとは限りません。子会社や発明者などの名義で出願されている場合もあり、包括的な企業プロファイルを作成することが困難です。

検索アイコン

曖昧なリーガル・ステータス情報

特許の有効期間は通常20年ですが、無効または手数料支払い不足などの理由で20年より前に無効になる場合があります。

検索アイコン

誤訳とスペルミス

公式記録には、譲受人のスペルミスや翻訳時のエラーが意外と多く含まれています。

当社がデータ品質を保証する方法

当社のデータ名寄せチームは、データ品質に特化した熟練の専門家のグループです。自動チェックと手作業の品質管理のプロセスを組み合わせることで、高精度で信頼性の高いデータ品質を実現しています。チームは多言語に対応しており、英語、中国語、フランス語、ドイツ語、日本語、韓国語をはじめとする多数の言語で出願された特許のデータ品質を保証しています。

特許データの名寄せとは?

当社の名寄せチームは、下記の項目について徹底的に分析し、修正しています。

現在の正確な企業構造

子会社はグループ本社に割り当てられるので、すべての特許は最終権利者の下にリストされます。

過去の社名変更

特許庁に記録されている出願人名は、既に存在していない場合があるため、旧名で登録された特許は現在のオーナーに割り当てられます。

M&A(合併と買収)

M&Aモニタリングの一環として、特許は速やかに正しい最終権利者に譲渡されます。

特許の取引

個別の特許の売買を追跡し、最終的に購入した企業に譲渡します。

スペルミス

公式記録には譲受人のスペルミスが含まれていることがよくあります。このような誤記を修正することで、誤った特許の譲渡を防止できます。

同名の認識

メルク(Merck)、ユニバーシティ(Universities)など、複数の企業が類似した名称を使用している場合があります。

特許データ品質のハンドブック

LexisNexis® PatentSight®が一貫性のある高品質データの保証をするために、業界で信頼されている独自のアプローチをどのように開発したかご覧ください。 

クリックするだけで、ポートフォリオの真の価値が明らかになります

確実な特許分析から収益を得る方法をご覧下さい。

LexisNexis Intellectual Property Solutionsは、特許データ品質の課題を解決できるよう支援します。

お申込みはこちら

関連記事(英文掲載)

5 Consequences of Patent Data Errors: The Applicant Name Field

Patent data quality is crucial for ensuring reliable analytics. In this blogpost we discuss five consequences of patent data errors.

Data and Decisions: The Risks in Relying on Inaccurate Patent Data

If organizations base critical business decisions on inaccurate patent data, they may experience negative business results.

Do This, Not That: Tips for More Efficient Patent Searches

As patent search tools evolve, patent professionals must continue to understand the available tools to conduct efficient patent searches.

6 Common Patent Data Errors and How They Affect Your Decisions

We explored the impact of common patent data errors in one of the most problematic fields for patent data: the applicant name field.