PatentSight人と製品のスクリーンショット

イノベーションを客観的に評価

科学的に開発されたPatent Asset Index™を使用して、世界的な技術の競争力や特許の影響を評価します。

Patent Asset Indexとは?

Patent Asset Indexは、LexisNexis® PatentSight®でイノベーションを評価するために使用される科学的に開発された客観的評価です。

当社の研究では、特許の価値は主に、問題の特許により保護された技術に基づいて出願されている他の特許と、特許保護の地理的範囲という2つの要素に依存することが示されています。簡潔に説明すると、特許は、さらなる発明につながり、複数の国で保護されている場合に影響が大きいとみなされます。Patent Asset Indexは、Technology RelevanceとMarket Coverageの2種類の個別の指標に基づいて評価されます。   

Patent Asset Indexを使用するメリット

特許評価の指標項目により、高度な分析の活用場面や卓越したイノベーションのインサイトを得られるようになります。

トレンド探索&破壊的技術の探索

競合情報分析&ベンチマーキング

ポートフォリオ管理・最適化

Patent Asset Index手法の科学的検証

Patent Asset Index手法は、長年にわたる科学研究と検証試験に基づいています。  レビュー用学術文献(Ernst and Omland, 2011)に発表されたように、Competitive Impact(CI)が高い特許は、無作為に選択された対照群の特許に比較して、商用価値が高いことが発見されました。  

夕日の中で野原を飛行しているドローン

高度な特許分析能力で破壊的なプレーヤーを早期に特定します

市場の変化に対する対策を向上するため、トレンドをいち早く見分けることが可能だとしたら?Patent Asset Indexを使用すると、分析対象が多国籍企業により占有されている成熟技術分野でも、最新技術分野でも関係なく、最先端技術または破壊的技術さえも特定できるようになります。  

業界リーダーに信頼されるPatent Asset Index

幅広い業界のリーダーは年次株主報告書やその他のステークホルダーのコミュニケーションにおいて、特許ポートフォリオの競争力を示す際、PatentSightとPatent Asset Indexを信頼しています。

持続可能性

BASFオンラインレポート

BASFユーザーはPatent Asset Indexを利用して、競合他社に対するベンチマークを得ています。

化学

Evonikイノベーションキャンペーン

Evonikは、同社の特許ポートフォリオの革新的競争力を示すために、Patent Asset Indexを使用しています。

金融

Symrise金融レポート

SymriseはPatent Asset Indexを使用して、イノベーションの結果と品質を評価しています。

Patent Asset Index手法

特許ポートフォリオのPatent Asset Indexは、ポートフォリオに含まれる特許全ての競争力の集計として定義されます。各個別の特許の競争力は、Competitive Impact(CI)により評価されます。

PatentSight® Competitive Impact(CI)は、PatentSight® Technology Relevance(TR) とPatentSight® Market Coverage(MC)の2つの側面から構成されています。

PatentSight® Technology Relevance(TR)

Technology Relevance(TR)は、被引用に基づいて、その特許が同じ年に同じ技術分野の他の特許より引用される頻度が高いかどうかを評価します。 その際、以下を考慮します:

  •  特許が受けた引用の合計数
  • 特許が公開されてから経過した期間
  • 同じ年に公開されたすべての特許が受けた引用の平均数
  • 海外の特許庁が従う多種多様な引用のルール

PatentSight® Market Coverage(MC)

発明は、その特許権がより多くの国際市場で有効である場合は、より高いビジネス価値を持ちます。Market Coverage(MC)は、特許ファミリーが保護するグローバル市場のサイズを示します。 世界最大の国内市場である米国に対してベンチマーキングして、特許ファミリーが保護される市場のサイズとして評価されます。

PatentSight® Competitive Impact(CI)

Competitive Impact(CI)は特許ファミリーレベルで算出され、各特許ファミリーの相対的なビジネス価値を表します。   各特許ファミリーのTechnology Relevance(TR)とMarket Coverage(MC)を掛けて求めます。  

Competitive Impact(CI)は、同じ分野の他の特許と比較して表されます(例えば、値が3の場合、その特許は、その分野の平均的な特許の3倍重要です)。

Patent Asset Indexのよくある質問

Patent Asset Indexの使用目的は?

Patent Asset Indexは、企業または技術分野全体のイノベーション競争力の評価を表します。特許ポートフォリオレベルで計算され、このポートフォリオに含まれた個別の特許ファミリーのCompetitive ImpactTM(CI)スコアの合計です。 

問われている内容に応じて、Patent Asset Indexは、会社全体で計算したり、特定の事業分野または技術分野に属する特許だけに対して計算したりすることができます。後者の場合、その特定の領域のみにおける会社の競争力が示されます。

Patent Asset Index(PAI)手法のメリットは?

この手法は透明性が高く、一般に公開されています。その上に、企業の世界で科学的に検証・証明されています。当社の指標と基底のデータは、セクター全てにわたって多数の優良企業により広く認められ、業界で応用されています。Fortune & DAXをはじめとする企業(Dow、BASF、Daimler、Evonikなど)により投資家コミュニケーションでも使用されています。

PAIは、2008年に採用して以来変更されておらず、アプローチの検証性と安定性が認められています。

PatentSightデータベースのカバレッジは?

PatentSightデータベースの重要な特許データソースは、欧州特許庁(EPO)が提供する特許データベースのINPADOCとDOCDBです。さらに、国内の特許庁(米国と日本)からリーガル・ステータス情報をデータストリームに追加すると同時に、企業構造データベースから子会社情報を追加しています。その上に、世界中の全ての特許庁は、EPOに特許データを提供するので、世界中で全ての関連特許データを網羅しています。PatentSightデータベースは現在、80を超える特許庁からの特許データを網羅しています。 

PatentSightはLexisNexis®の一部であるため、データベースにはIP DataDirect(IPDD)も含まれています。LexisNexisのIPDDは、世界中の特許情報を一括して提供します。IPDDの内容は全て書誌やリーガル・ステータス情報が改善されて、2021年末までにPatentSightデータベースに統合される予定です。

どの特許ファミリー定義を使用していますか?

PatentSightは、欧州特許庁(EPO)のシンプルファミリー概念を使用し、これは、S-FamまたはEspacenetファミリーとも呼ばれます。このファミリー概念では、全てのファミリーメンバーが全く同じ優先権文献に基づいていることが必要です。これにより、ファミリーメンバー全てが同じ発明をカバーすることを保証します。このメリットは、INPADOCファミリーより優れています。INPADOCファミリーの特許文献は、部分的に重複する優先権しか持たないため、鎖状の様式で文献がまとめられ、最終的に共通点がほとんどありません。このような特許ファミリーは、網羅する発明が様々な種類で非常に幅広くなり、技術ベンチマーキングの目的では役に立たなくなります。

シンプル特許ファミリー定義に関する詳しい情報は、EPOのウェブサイトに公開されています。 

特許ファミリーのリーガル・ステータスが重要な理由は?どのように決定されるのですか?

特許ポートフォリオの現在の競争力を評価したり、企業の関連IPを特定したりするには、有効特許ファミリーだけを考慮する必要があります。無効な特許は、含まれてはいますが、ほとんど利益がありません。リーガル・イベント情報の主なデータソースは、週1回更新されるINPADOCデータベースです。

多種多様なイベントコードを注意深く解釈して、それぞれの時点で特許ファミリーの文献のリーガル・ステータスを決定します。次のステップで、高度な経験則を使用して特許ファミリーレベルの文献ごとにリーガル・ステータス情報を集約します。

解釈に適用される経験則は、業界と特許庁の著名なリーガル・ステータス専門家と密接に協力して開発・実装されています。現在、その他の国の登録も評価されており、将来、リーガル・ステータス情報の重要なソースとして含まれる予定です。

PatentSightはどのようにして特許の現在のオーナーを特定するのですか?

特許ポートフォリオを正確に評価するためには、特許ファミリーの現在のオーナーを知ることが非常に重要ですが、極めて困難な場合があります。企業が特許を出願する際に多種多様な出願人名が使用されており、スペルミスや誤訳が含まれている可能性があります。さらに、経時的に特許の所有権を追跡することは、企業の合併、会社名の変更、事業部門の売却や買収、特許の売買など複雑です。全ての関連特許の現在の保有者を特定するには多大な努力が必要で、コンピュータアルゴリズムだけでは不可能です。それぞれの会社の経時的な特許の保有を正確に追跡するには、特別な専門的調査が必要です。

PatentSightは、企業構造、M&A、スピンオフ、会社名の変更、特許の取引など、豊富な調査に基づいて特許の保有を特定しています。その際に、PatentSightは、全ての国内および海外子会社、共同出資会社、グループ企業を含めて企業構造を含めています。名寄せされた最終権利者には、旧会社名またはその子会社の旧名も含まれます。この場合、通常、特許会社(最終権利者)が子会社または関連会社の特許を管理していると仮定しています。

活用事例

科学文献

Patent Asset Index – 特許ポートフォリオをベンチマークする新しいアプローチ

本ペーパーでは、新しいベンチマーキング手法を示し、既存のアプローチの欠点を克服し、会社の特許ポートフォリオを競合他社と比較して、より正確な評価を提供します。

活用事例

特許ポートフォリオのベンチマーキングにPatent Asset Index™を使用

豊富な科学研究に基づいて、Patent Asset Index™は、特許には目に見える以上の情報があることを実証しています。

ホワイトペーパー
何冊もの白いドキュメントフォルダ、リングバインダーを調べていると、1冊の赤い文献フォルダーが目立ちます。

特許データ品質のハンドブック

LexisNexis® PatentSight®が一貫性のある高品質データの保証に向けて業界で信頼される独自のアプローチをどのように開発したかご覧下さい。 

ポートフォリオの真の価値を明らかにします

確実な特許分析から収益を確保する方法をご覧下さい。

お客様のニーズを理解し、IPランドスケープに関する非常に有益なインサイトを提供します:

  • IP分析における現在の優先事項について話し合いましょう。
  • ポートフォリオの外的視点を獲得します。
  • 外部評価を理解し、新たな視点からその他の市場プレーヤーを研究します。

右側のフォームを送信して下さい。折り返し当社からご連絡差し上げます。

関連リソース

Patents in Decarbonization: Toyota Leads in Number,  Samsung Ranks First in Total Strength (Patent Asset Index)

The world is increasingly moving toward decarbonization. This ranking looks at some of the top manufacturers of such technology.

How to Use The Patent Asset Index for Patent Portfolio Benchmarking: IBM vs. Qualcomm (Use Case)

The IBM vs Qualcomm use case demonstrates how LexisNexis® PatentSight® has revolutionized patent portfolio benchmarking.

Analysis Reveals Companies With Strongest Patents Related to COVID-19 Vaccines

Here are the findings of an analysis of COVID-19 vaccine-related patents held by pharmaceutical and biotech companies worldwide.

How Sanofi Strengthened its Position in Pharmaceuticals Through Strategic M&A Deals

A look at how M&A deals have improved patent portfolio size, quality pharmaceuticals and innovative medicine for Sanofi.